脂肪肝とは

脂肪肝とは肝臓に脂肪がたまっている状態をいいます。

毎日脂肪の多い食事をしていると、
肝細胞に中世脂肪が蓄積してしまいます。

それにより肝臓の機能そのものが低下してしまうのです。

この脂肪肝が進行すると、肝硬変へと移行しやすく、
また肝臓がんにまで至ることもあり、決して侮れない病気です。

脂肪肝になる原因は動物性脂肪の多い食事とアルコールです。

脂の多い食事をとりすぎると、肝臓はその脂肪の
分解をしきれなくなり、その結果食事で摂った脂肪は、
どんどん肝臓に蓄積されてしまう、ということになります。

アルコールを毎日大量に飲む人も要注意、
そして肥満気味な人、糖尿病を患っている人も
気をつけなければなりません。

脂肪肝になるとどのような症状が
あらわれるのでしょうか。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ自覚症状が
現れにくいのが特徴ですが、初めのころは
なんとなくだるい、疲れやすいといった程度で
見過ごされがちです。

症状がさらに進行すると食欲不振、
右上腹部に痛みを感じるなどの自覚症状が出てくるでしょう。

脂肪肝はその多くが血液検査によって発見されますが、
主に食事療法と運動療法によって治療することが
ほとんどのようです。

脂肪や糖質の多い食事を控えるようにし、
運動を取り入れながら体重コントロールをし、
またアルコール性脂肪肝の場合は禁酒療法をとったりします。

以上述べたように、普段から脂っこい料理が好きな人は
食事の内容を見直して予防するとともに、
しっかりと健康診断を受けることが大切です。

脂肪腫という脂肪の塊

脂肪の塊の一種に脂肪腫というものがあります。

脂肪腫とは、皮下脂肪や筋肉の間にある
脂肪組織が固まって変化したもので、
脂肪の塊のできものです。

脂肪腫はそれほど珍しい病気でもありませんが、
この脂肪の塊は顔では、おでこにできることがあります。

ほかの部分では、腕や肩、背中などにも
できることがあるようです。

脂肪腫はある程度大きくなるまでは
気づかないことが多いようですが、
細菌感染するということはあまりなく、
普通は痛みなどもないようです。

この脂肪腫は良性の脂肪の塊であることが
ほとんどですが、ごくまれに悪性の脂肪肉腫が
発生することもあります。

そのため病理検査は必ずする必要があります。
治療としては、脂肪腫はほとんどが
良性であるため、経過観察だけで
手術しないことが多いようです。

ただ放置した場合、少しずつ
大きくなるということもあるということです。

もし脂肪の塊が大きくなって目立つようであれば、
やはり手術する方がいいかもしれません。

最近では内視鏡下で小さく切り開き、
脂肪腫をとる方法が試みられているようです。

いずれにしても体の中に脂肪の塊を感じられるようであれば、
とりあえずは調べてみたほうがいいでしょう。

脂肪肝治療に適した食事.

脂肪肝の原因は脂の多い食事やアルコールを
摂り続けたことによって、脂肪が肝臓に蓄積されることです。

そうすると、脂肪肝治療に適した食事の摂り方とは、
具体的にどのような食事になるのでしょうか。

まずは肥満を招かないようにすることが大切で、
そのためには食べ過ぎに気をつけ、食事は
腹八分目を心がけることです。

たとえば未精白米に雑穀を混ぜたり、
パンや麺類も全粒だとさらによく、
またたんぱく質はできるだけ植物性食品から
摂るようにするといいでしょう。

できるだけ控えたいのは肉や乳製品類で、
これらはは血液を汚す原因にもなるのです。

脂肪肝を治すための食事として気をつけたいのは、
脂肪をできるだけ控えるようにすることと、
白砂糖や刺激になる香辛料を避けるようにすることです。

そして玄米発酵食品を利用して、ビタミンを
多めに摂ったり、ミネラルなども充分に
摂るよう心がけることが大切です。

肝臓に障害があるとビタミンやミネラルが
貯蔵されにくいので、脂肪肝治療に適した食事では
新鮮な野菜をたくさん摂ることも重要です。

また脂肪肝の人は基本的にアルコールは禁止です。

さらに、肝臓は人工的に合成されたものの
解毒が困難なので、合成添加物や農薬などが
食品に付着していないか注意しましょう。

脂肪肝の人の肝臓に負担がかかってしまいますので、
脂肪肝治療に適した食事の場合は、なるべく
自然のものを食べるようにしましょう。

このようなバランスよく脂肪を避けた食事を
よく噛んですることが脂肪肝の改善につながります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。