代謝の仕組み


体を動かしたり内蔵が働く時にエネルギーを
消費する生命活動そのもののこと、それを代謝といいます。

新陳代謝ともいい、汗をかく、髪が生え替わる、
肌が再生する、脂肪を燃やすなども代謝の作用です。
代謝は寝ている間も行われているのです。

呼吸や体温調節など生命を維持するために必要な代謝が
基礎代謝です。

消費エネルギーの70%を占めているのが基礎代謝ですが、
男性は16歳、女性は14歳がピークだといわれています。

遺伝的な傾向があるといわれる基礎代謝ですが、
運動などによって筋肉量を増やし、代謝を高めることは可能です。

代謝が高い人はそれだけ摂取したエネルギーを消費しやすく、
したがって脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質の持ち主になります。

逆に代謝の低い人は脂肪が蓄積しやすくなり、
体重も増えやすい体質になってしまいます。

一般的に筋肉量が少ない人ほど基礎代謝が低いというのが
健康な人の場合の傾向です。

また、脂肪を減らそうと極端なダイエットをしすぎると
代謝も下がってしまい、脂肪を貯め込みやすい体にしてしまう
恐れがあります。

体温が低い、手足が冷える、肩こりや腰痛がある、
また血圧が低い、少し食べただけですぐ脂肪が
増えるなどの傾向がある場合は、代謝が低いことが原因でしょう。

生活習慣病にもかかりやすいということで
心配される内蔵脂肪型肥満タイプの人は、
内臓のまわりに脂肪がつかないように気をつける必要が
あるでしょう。
タグ:基礎代謝,

代謝向上とダイエット


消費するエネルギーより摂取するエネルギーの方が多くなると、
余ったエネルギーを脂肪として貯め込もうとするのが
人間の体のしくみです。

そのためダイエットではいかに消費するエネルギーを
増やし摂取するエネルギーを減らすかが焦点になります。

食事を制限することで摂取エネルギーを減らすというのが
ダイエットの大半ですが、食事の量を減らすだけで
運動をしないでいると、脂肪は減らないうえに
基礎代謝がぐんと低くなってしまうのです。

基礎代謝が低くなると脂肪が燃えにくく
体重の減りにくい体質になってしまいます。

無理な食事制限をしなくても、適度な運動で
基礎代謝を上げて消費エネルギーを増やす
ダイエットをしていれば、健康増進効果も得ることができます。

基礎代謝を上げるダイエット方法でなら、
ダイエットにありがちなリバウンドも起こりません。

人間の消費エネルギーは約70%が基礎代謝です。
それから基礎代謝のうちをの40%は、
筋肉によって消費されるといいます。

筋肉が増えれば基礎代謝も増えるわけで、
その基礎代謝に使うために脂肪が燃焼されます。

寝ている間も代謝は行われるというわけで、
何もしなくても一定量のエネルギーが消費される体を
つくることができるのです。

逆に筋肉が少ない場合は代謝が低くなり、
脂肪は燃えにくくなって体重は増える一方ということになります。

このようにダイエットを効率よくするには、
とにかく基礎代謝を上げる事が大切だといえるでしょう。

ダンベル体操で代謝向上


基礎代謝が高まり脂肪を燃焼させるためには、
ダンベル体操が効果的です。

ダンベル体操を行うと、筋肉の量増やす効果があり、
筋肉のエネルギー代謝を高めることもできます。

代謝の高い体を作ることにダンベル体操を利用し、
運動と組み合わせると、脂肪を効果的に燃焼させることができます。

ダンベル体操の目的は運動によって脂肪を減らすのではなく、
代謝の高い脂肪のつかない体質へ改善することです。

ダンベル体操の運動を続けることで、
基礎代謝は少しずつ上昇していきます。

なかなか目に見えるような変化はすぐには
見られないかもしれませんが、筋肉を体につけることは
座っているだけでも脂肪がどんどん燃える体を作り上げます。

ダンベル体操をする時は、筋肉の発達に合わせて
少しずつ重さを増やしていくようにすると、
自分自身に見合った運動量をこなすことができるでしょう。

ダンベル体操は毎日15分くらい、無理をしない程度に、
とにかく続けることが大切で、それにより代謝を
高め脂肪を燃焼させる体づくりが可能になります。

筋肉を鍛えなければ老化を早めることになるので、
筋肉を増やして基礎代謝は自然と増やすようにしましょう。

脂肪が燃焼しやすく、健康な体を維持していくには、
ダンベル体操は理想的な運動です。

日頃から運動量が少ないと感じている人は、
まずストレッチなどの準備運動で体を柔らかくしましょう。

その後で運動をすると、体にかかる負担を少なくして
ダンベル体操がすることができます。

ダンベル体操 ボディ改革宣言 NHK DVD(DVD) ◆20%OFF!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。