お腹の脂肪の正体

スタイルが気になっていると、薄着になる季節だと
ますますお腹のまわりの脂肪などが気になります。

プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など、
お腹に脂肪がつきやすい女性にとって、
それは大きな問題です。

ではこのお腹脂肪の正体はいったいなんなのでしょうか。

女性のお腹の部分にはちょうど子宮があるために、
命に関わる大事な部分は、守られるためにもともと
脂肪がつきやすいので、脂肪がついてしまうのです。

そして女性ホルモンの働きが、この脂肪に深く関係しています。

これと反対に男性ホルモンには、皮下脂肪の代わりに
内臓脂肪をためこむ働きがあります。

当然皮下脂肪がつく量は男性に比べて女性のほうが多くなり、
それは1.5倍ほどだということです。

そして閉経後の女性は女性ホルモンの減少に伴い
男性と同じように内臓脂肪がつきやすくなりますので、
食生活などに注意が必要です。

また男女共通していえることですが、
肋骨から下のお腹の部分には骨組みがありません。

それで内臓を守ったり空洞のお腹を保護するためにも、
筋肉や脂肪はどうしてもつきやすくできているのです。

このように人間にはお腹に脂肪を溜め込んで、
体を守ろうとする機能が働いているということなのです。
それがブヨブヨしたお腹になってしまうのは、
新陳代謝が鈍くなったり、食べ過ぎたりすることによって
必要以上にその脂肪がついてしまうからだということでしょう。
タグ:お腹,脂肪

お腹太りのタイプ

お腹脂肪がついた、いわゆるお腹太りにはいろいろなタイプが
あります。
まずは自分がどのような太り方をしているかを知ることが、
効果的なお腹やせの第一歩になります。

まず手足は細くどちらかというと痩せているのに
お腹だけがぽっこりとしているのはエネルギー不足から
くるものです。

これは基礎代謝が減少しているからで、
普通に食事をしていても脂肪が燃焼しきれなくなるのです。

さらに下腹部がぽこっと出た状態になるのは、
腹圧が低くなり内臓を外から抑える力が
弱まってしまうためなのです。

次は皮下脂肪型で、お腹脂肪がプヨプヨとしていて
つまめるような人ですが、これは消費カロリーより
摂取カロリーのほうが上回ってしまう、食べすぎのタイプです。

これが積み重なると皮下脂肪を体に溜めこむことになって、
三段腹を作り出してしまうのです。

どうみてもほっそりしているようなのに、
なぜかお腹だけが出ているような印象の人は、
姿勢の悪さが要因ということもあり、
これは腹筋力の弱さが起因しています。

そして内臓脂肪の出っ張り型というのがありますが、
これは内臓脂肪がお腹の中に詰まっていて、
内側からお腹を膨らませている状態なのです。

中年の男性には、このタイプの太り方を
している人がよくいます。

体脂肪が多い人の体形が崩れた肥満型というのもありますが、
こういう人はお腹だけではなく体全体に
脂肪がついていることがほとんどです。

以上のように、お腹太りには、脂肪のつき方から
原因まで種類もいろいろあります。

それぞれのタイプにあった対策をすることが大切なのでは
ないでしょうか。

メタボリックシンドロームとは


今話題のメタボリックシンドロームとは、
いったいどういう状態のことをいうのでしょうか。

まず生活習慣病が関連してくるのですが、
それにあたるのが肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などです。

その原因は肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満で
あることが考えられています。

そして内臓に脂肪が蓄積することにより病気が引き起こされた状態を
メタボリックシンドロームといいます。

肥満はふたつのタイプに分かれていて、それは体のどの部分に
脂肪がついているかで変わってきます。

脂肪が下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの
皮下についている場合を皮下脂肪型肥満といいます。

それから内臓脂肪型肥満と呼ばれるタイプで、
これは内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプです

またその見た目の体形から、洋ナシ型肥満、リンゴ型肥満とも
呼ばれています。

メタボリックシンドロームには、その内容が様々にあるのです。
自覚症状がないため、自分では少しも気づかないうちに病気が
進んでしまっていることもあるのです。

まずメタボリックシンドロームの正しい意味を理解したうえで、
自分の体の状態もしっかりチェックしてみることが大切でしょう。

そうしてようやくメタボリックシンドローム対策を
始めることができるでしょう。

動脈硬化にならないために.


このごろメタボリックシンドロームという
言葉をよく耳にします。

メタボリックシンドロームというものの
対策も考えられるようになった本来の目的は、
動脈硬化から起きる循環器病をいかに
予防するかということなのです。

その循環器病とは、たとえば心筋梗塞、
狭心症といった心臓疾患、そして脳梗塞、
閉塞性動脈硬化症などのことをいいます。

動脈硬化は、ある程度症状が進まないと、
なかなか症状として現れないところが
やっかいな病気です。

さらに問題を大きくしている点が、
動脈硬化による循環器病は、働き盛りに
突然発症することが多いという点なのです。

それは生命に関わる重大な病気につながることも多く、
後遺症も深刻です。

このメタボリックシンドロームを放置しておくことは、
やがては動脈硬化を引き起こすことにつながってしまいます。

このような恐ろしい動脈硬化にならないために、
メタボリックシンドロームの段階でしっかり対策を
講じる必要があるのです。

つまり、もしメタボリックシンドロームに陥ったとしても、
それ以上悪化しないように、努力を続ければいいというわけです。

肥満の対策を講じていれば、動脈硬化に
つながるというわけではないというわけです。

メタボリックシンドロームの対策をとるなら、
まず生活習慣を見直して、運動を心がけましょう。

メタボリックシンドロームを改善するように
努力しさえすれば、誰しも健康な体には
戻ることができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。