脂肪肝とは

脂肪肝とは肝臓に脂肪がたまっている状態をいいます。

毎日脂肪の多い食事をしていると、
肝細胞に中世脂肪が蓄積してしまいます。

それにより肝臓の機能そのものが低下してしまうのです。

この脂肪肝が進行すると、肝硬変へと移行しやすく、
また肝臓がんにまで至ることもあり、決して侮れない病気です。

脂肪肝になる原因は動物性脂肪の多い食事とアルコールです。

脂の多い食事をとりすぎると、肝臓はその脂肪の
分解をしきれなくなり、その結果食事で摂った脂肪は、
どんどん肝臓に蓄積されてしまう、ということになります。

アルコールを毎日大量に飲む人も要注意、
そして肥満気味な人、糖尿病を患っている人も
気をつけなければなりません。

脂肪肝になるとどのような症状が
あらわれるのでしょうか。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ自覚症状が
現れにくいのが特徴ですが、初めのころは
なんとなくだるい、疲れやすいといった程度で
見過ごされがちです。

症状がさらに進行すると食欲不振、
右上腹部に痛みを感じるなどの自覚症状が出てくるでしょう。

脂肪肝はその多くが血液検査によって発見されますが、
主に食事療法と運動療法によって治療することが
ほとんどのようです。

脂肪や糖質の多い食事を控えるようにし、
運動を取り入れながら体重コントロールをし、
またアルコール性脂肪肝の場合は禁酒療法をとったりします。

以上述べたように、普段から脂っこい料理が好きな人は
食事の内容を見直して予防するとともに、
しっかりと健康診断を受けることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。