お腹太りのタイプ

お腹脂肪がついた、いわゆるお腹太りにはいろいろなタイプが
あります。
まずは自分がどのような太り方をしているかを知ることが、
効果的なお腹やせの第一歩になります。

まず手足は細くどちらかというと痩せているのに
お腹だけがぽっこりとしているのはエネルギー不足から
くるものです。

これは基礎代謝が減少しているからで、
普通に食事をしていても脂肪が燃焼しきれなくなるのです。

さらに下腹部がぽこっと出た状態になるのは、
腹圧が低くなり内臓を外から抑える力が
弱まってしまうためなのです。

次は皮下脂肪型で、お腹脂肪がプヨプヨとしていて
つまめるような人ですが、これは消費カロリーより
摂取カロリーのほうが上回ってしまう、食べすぎのタイプです。

これが積み重なると皮下脂肪を体に溜めこむことになって、
三段腹を作り出してしまうのです。

どうみてもほっそりしているようなのに、
なぜかお腹だけが出ているような印象の人は、
姿勢の悪さが要因ということもあり、
これは腹筋力の弱さが起因しています。

そして内臓脂肪の出っ張り型というのがありますが、
これは内臓脂肪がお腹の中に詰まっていて、
内側からお腹を膨らませている状態なのです。

中年の男性には、このタイプの太り方を
している人がよくいます。

体脂肪が多い人の体形が崩れた肥満型というのもありますが、
こういう人はお腹だけではなく体全体に
脂肪がついていることがほとんどです。

以上のように、お腹太りには、脂肪のつき方から
原因まで種類もいろいろあります。

それぞれのタイプにあった対策をすることが大切なのでは
ないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。