メタボリックシンドロームとは


今話題のメタボリックシンドロームとは、
いったいどういう状態のことをいうのでしょうか。

まず生活習慣病が関連してくるのですが、
それにあたるのが肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などです。

その原因は肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満で
あることが考えられています。

そして内臓に脂肪が蓄積することにより病気が引き起こされた状態を
メタボリックシンドロームといいます。

肥満はふたつのタイプに分かれていて、それは体のどの部分に
脂肪がついているかで変わってきます。

脂肪が下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの
皮下についている場合を皮下脂肪型肥満といいます。

それから内臓脂肪型肥満と呼ばれるタイプで、
これは内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプです

またその見た目の体形から、洋ナシ型肥満、リンゴ型肥満とも
呼ばれています。

メタボリックシンドロームには、その内容が様々にあるのです。
自覚症状がないため、自分では少しも気づかないうちに病気が
進んでしまっていることもあるのです。

まずメタボリックシンドロームの正しい意味を理解したうえで、
自分の体の状態もしっかりチェックしてみることが大切でしょう。

そうしてようやくメタボリックシンドローム対策を
始めることができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。