ダイエットのための食事と運動.


食事内容をコントロールして摂取カロリーを抑えることは、
ダイエットには確かに必要なことです。

ダイエットを始めると、ひたすら食べないようにしたり、
野菜しか食べなくなったりと、極端なことをする人がいますが、
それでは健康的にやせることは不可能です。

だいたい一週間に1sくらいのペースで落とすのが危険のない
範囲です。

数々の種類の食品を、少しずつ食べるようにすることが、
ダイエットをしているときの食事として望ましい形です。

6つの基礎食品を考慮した食事法がありますが、
少々面倒でもこれは効果があります。

食品の偏りがないようにきちんと摂りながらやせたいと
思っている人には効果が出てくるでしょう。

人には脳の中に満腹中枢というものを持っていて、
これが20分くらいになると満腹の指令を出します。

食事をするときに急がずゆっくりと食べるようにすることで、
満腹中枢が満腹の指令を出すまでの食事量をすくなくすることが
できるのです。

ダイエットに必要な運動量を調べてみると、運動中は汗はかくが、
運動しながら会話ができる程度が理想的なやせるための運動量と
なります。

姿勢を正し、大きな歩幅でリズミカルに歩くと効果が上がり、
また継続できるように無理をせず時間を決めて歩くことなどが
大切です。

1日7000歩くらい、時間にすると1時間以上を目安にして、
食事の直後を避け、早朝か夕方に歩くのがダイエットに効果的です。

日々の生活のなかでもなるべく歩くよう工夫し、
会社ではエレベーターを使わない、通勤の途中一駅前で降りて歩く、
通勤は車をやめてバスや電車を利用するなどがやせるために効果的な運動です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。