内蔵脂肪の影響


そもそも内臓脂肪は体にとってどんな影響を与えるのでしょうか。
これにはいくつかの要因がありますが間食をしてしまう、
運動をしない、よく噛まないで食べてしまうことが挙げられます。

現代人の多くが食生活のバランスと運動不足から
内臓脂肪を溜めているのです。

ところで内臓脂肪とはどんなものでしょうか。
内臓脂肪とは内臓の周りに長期間蓄積されてできるものです。

この内臓脂肪が体に対して悪い影響を与えているのです。
さらに生活習慣病に発展しやすくなっていくので
ダイエットが必要なのです。

それではどうして内臓脂肪が溜まるのでしょうか。
それは食生活の変化が大きいと考えられます。

昔からの和食が食卓から姿を消すようになり
肉食が多くなったからです。
これで脂質を余分に取るようになり内蔵脂肪
溜まるようになったのです。

では内臓脂肪の体に与える影響とはどんなものなのでしょうか。
内臓脂肪が溜まると体が重く感じたり服が
窮屈になるなど体にとってはよくないことが多いのです。

脂肪は運動をすることで減らすことが可能なので生活に
取り入れていきたいですね。

さて内臓脂肪が溜まる原因ですが
どういうものがあるのでしょうか。

人は食事をすると胃に入り腸で吸収されます。
そして腸で分解され血管を通して体内に運ばれます。
脂肪は運動をすることで消費されていきますが
運動不足になると内臓に溜まっていくのです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。